お安くあげることができる千葉の家族葬

家族葬は、最近になってようやくなじみのあるものとなってきた言葉ですが、要は、家族や親戚、その他のごく親しかった人たちだけに参列してもらって行う、小規模な葬儀のありかたであるといえます。こうした小規模な葬儀の場合、会社や地域といったしがらみだけで参列するということがありませんので、より亡くなった人に対して心から追悼するという意味合いが強くなってきます。落ち着いた雰囲気のなかで別れをすることができるというのは、実は大人数で行う従来の葬儀ではあまりなかったことであり、きわめて画期的といえます。千葉県の場合も、こうした小規模な葬儀は多く行われるようになってきており、そのための専用ホールを備えた葬儀社なども見受けられるところです。なによりも、価格的に安価であるというのは、大きなメリットということができるでしょう。

価格的に安価になっている理由とは

千葉での家族葬は、一般的な葬儀と比較をすると、どのような葬儀社であっても、一様に価格が安くなっているのは特徴といえます。そのため、主として価格的な面を考慮して、こうした葬儀のありかたを選択するというケースも多いものといえます。その理由ですが、一般的な葬儀にくらべて、会場も広いスペースを必要としないため、使用料が安上がりになるということが挙げられます。特に、通常は通夜と告別式は別々の日程となっているため、その期間分のコストダウンになっているというところもポイントです。これは祭壇などのスケールが小さくてすむということにも関係しています。また、一般的な葬儀では、駐車場の誘導、飲食や香典返しの手配などといった、参列者の人数に応じた手間がかかるものです。これも小規模な葬儀であれば、そこまでの手間が必要とされず、したがって費用もかからないということも理由となっています。

プランによってはさらに割安になることも

千葉の家族葬では、たいていの場合、葬儀社のほうでいくつか標準的なプランを提示していますので、そのなかからの選択というかたちになります。したがって、プランによっては、さらに割安な価格での葬儀を行うことも可能となってきます。たとえば、棺、骨壷、枕飾りなどといった、最低限必要なものは準備されるものの、基本的には身内だけで火葬をするにとどめるというのであれば、火葬式、あるいは直葬とよばれるプランがあり、これが最低の価格帯となってきます。それよりも一般的なものであれば、生花の数、祭壇の大きさ、棺の装飾などのグレードといった、こまかな違いによって、いくつかプランがありますので、そのなかで内容と料金とを比較検討した上で、もっとも適当なものを選べばよいことになります。