低コストが魅力の千葉での家族葬

家族葬というのは、近年盛んになってきた葬儀のありかたのひとつです。一般的な葬儀であれば、家族だけではなく、地域や会社、学校などの関係者も含めた大々的なものとなりがちなところを、逆に家族、親戚、親しい友人などに参列者を限定することによって、亡くなった人との最後の別れという要素を全面的に押し出したものとしています。千葉県内でもこうしたタイプの葬儀は、徐々に市民権を得てきているところであり、そのための専用のホールをもつ葬儀社などもよく見受けられます。これまでの葬儀にくらべると、やはりコストが少なくてすむというところも魅力のひとつであり、場合によっては、生前から葬儀社と打ち合わせをし、自前のプランを用意しておいて、家族の負担を減らそうという工夫をしている人もあらわれてきています。

従来の葬儀とはコストに大きな差

千葉県内というのは、基本的に大都市部であるために、物価、人件費ともに、全国的な平均よりも上回るというのは、容易に想像がつくところです。これは当然ながら、葬儀社に依頼して葬儀を執り行う場合のコストとしても跳ね返ってくるものです。家族葬であれば、家族や親族、親友といった少人数だけで執り行うものとなるため、祭壇などもシンプルな場合が多く、一般的な葬儀よりも大幅なコストダウンにつながります。一般的な葬儀の場合、少なく見積もったとしても100万円以内というのはむずかしいものですが、少人数という工夫によって、一式としての価格で50万円か、場合によってはそれ以下といった価格におさえることが可能です。特に経済的に余裕がない場合や、家族の負担を考えて本人が希望する場合などには、まさに適切な葬儀のありかたということになります。

家族葬のなかでもプランによって異なる価格

千葉県内での家族葬とはいっても、実はそのなかにはいくつかのプランがあります。したがって、予算や希望する内容に応じて、適切なものを喪主の側で選択をするということになります。多くの場合、パッケージとして一式料金で提示されているため、あまり料金的な面では迷う必要もありません。もっともシンプルな直葬とよばれるものであれば、棺や骨壷、枕飾り、霊柩車の搬送など、必要最低限の内容は含まれますが、特に儀式的な要素はなく、そのまま火葬するものであり、20万円程度の価格というのが一般的です。いっぽう、一般的な祭壇を用意して、人数が少人数であるほかは通常の葬儀とかわりがないようなプランであれば、グレードに応じて30万円から50万円程度といった具合であり、プランによる違いも大きいといえます。