初心者にもわかりやすい千葉の家族葬

千葉の家族葬は大きなお葬式とは異なり、親族や身内など、ごく親しい間柄の人だけの、少人数でのお見送りになります。うちわだけで行うお葬式ですので、アットホームな感じで、静かにゆっくりと故人とのお別れをすることができます。一般的な多くの人の参列するお葬式では、家族も故人とゆっくりと、最後の時間を過ごすことはなかなかできないですし、参列者への気遣いもあるので落ち着いてはいられません。家族だけでのお葬式はとてもコンパクトなものではありあますが、参列者への気遣いで疲れることもなく、身内だけで静かに故人との時間を過ごせるのは、大きなメリットだと言えます。地方ではまだ多くはないとしても、都心部などではかなり増えてきているのが、家族だけでのお葬式のスタイルです。

家族だけで行うお葬式の参列者リスト作成

千葉の家族葬の流れとして、大切なお別れまでの時間を家族闇ついで過ごすために、お葬式に呼ぶ人のちストアップも必要です。本当に家族だけではなく、親しいお付き合いのある友人や親族など、限定して呼ぶことになるので、呼ぶ人と呼ばない人のリスト作成は準備段階で大事になります。家族だけでのお葬式でも、認識の違いから会社関係者や、近所の人間も呼ぶのは、お葬式では当然という理解の人もいます。家族だけでお葬式をするときには、リスト作成前に身内でよく話し合いをしておくことです。依頼をする葬儀社へ連絡をして、時間やお迎えなどの連絡をします。近所の人に知られたくない時には、自宅以外にご安置をするなど、配慮も必要になります。安置施設の場合は、24時間面会可能なこともあります。

お通夜から告別式も親しい人のみで

千葉で行う家族葬はお通夜から告別式にかけても、ごく親しい人だけで偲ぶ時間になります。参列をする人間はすべてが親しい人物であることから、故人との大切な最後の時間を追われることなく、ゆっくりと過ごしやすいです。一般のお葬式のように、参列者をメインにした気配りは不要なので、故人へのメッセージカードを用意したり、故人の好んだ食事を用意したり、故人を心から偲ぶお見送りをすることができます。お通夜を行ったあとに今では、宿泊が可能な会場や斎場もあるので、ラストの一晩を故人と過ごしたい家族は、こうした施設があるかも事前に確認をしておくことです。告別式では柩の中に、故人のお思い出の品々をいれることができます。故人へのよせがきや、手紙などを一緒に入れることも可能です。