大学選びと就職予備校化

最近の大学選びの現状は寂しいばかりです。
また大学も本来の存在意義を失っています。
学生に迎合しすぎます。あの手この手を使って学生をかき集めています。
まったく情けない時代に入ったと思います。
国の大学設立の基準を緩めたことも大学が乱立し、すべての水準を落としてしまいました。
日本の教育行政の拙さ、田中前文化相が認めないと言ったのは正しい判断であったと私は拍手しました。
私たち古い人間が大学と思っている大学は、一握りになってしまいました。
後は中学生レベルの学力の学生が目立ちます。

大学はかなり以前から就職予備校化し、続いて専門学校化しました。
ここで高い実績が上がると、良い大学として評価されます。
大学選びの基準は資格などの合格率で決めている高校生が多いように見受けられます。
日本経済が停滞し就職先の受け入れ先が非常に絞られてしまいました。
大学へ進学する高校生たちは、先輩たちが就職で大変苦労しているのを見て、私は就職に苦労したくない、苦労して親に心配させたくないという強い思いが大学選びの基本になっているように思われます。
親たちも賃金が減り、リストラに会い失業している場合もあると思います。

当然子供たちは就職に熱心になっている大学、就職に有利な資格をくれる大学・学部を目指します。
この傾向は看護師などの資格を目指す大学生を入学させる専門学校化で顕著になりました。
例えば看護師であれば、飽和になるまで大学の専門学校化は進むでしょう。

就職予備校化は専門学校化よりも早く始まっています。
国家公務員試験、地方公務員試験、警察官や消防士試験それに教員試験などを目標に、希望者を集めて合格するための勉強にまい進するのです。
各種学校の教員を大学に引っ張ってきて勉強させる大学も少なくありません。
合格者が多い、合格率が高いということは、高校生の大学選びの基準の1つです。
これを私たち昔人間は嘆くわけです。
しかし現実問題として、公務員試験ならばそれに的を絞った勉強をしなければ、如何に偏差値の高い大学生でも合格できないのが現実です。

司法試験、旧甲種試験、公認会計士試験などは、勉強室にこもって勉強するのは認められてきました。
世間はそれを認めてきました。
並大抵の努力と能力では突破できませんから周囲の者は暖かく見守ってきました。
合格者の多い大学は立派な大学選びの基準でした。
彼らはエリ-トと言われる連中でした。

資格試験社会になると人間がどんどん小粒になってゆくように思えます。
味気のない人生を送るような気もします。
4年間大学に在学している間に、卒業後を見据えて本当に必要だと本人が感じた時勉強を始めればいいのではないだろうか。
私の意見としては大学選びの基準は、学生生活を通じてインパクトを与えてくれる人に出会える大学を選ぶべきであると考えます。